釣り好きセーネン

釣り好きセーネンのミキティから釣りの誘いが有った。

最近、シーバスをやってるみたいで、どうも僕のホームポイントで釣りがしたいみたいだ。

彼の住まいは西東京の方なので荒川の上流でシーバスを狙っているらしく、あまり海ではやって無いとありそれなら浦安アタリでも廻ろうかなと思っていた。

しかし前日、海の状況を確認しにいくと、その日はかなり南風が強かったためかこのポイントでは濁りがきつく釣りは厳しそうだった。

ちょっと場所を移動すると、潮は澄んでいて良かったがノーバイトに終わってしまった。

うーむ明日大丈夫だろうか...。

そしてミキティとは満潮がらみから釣りをすることにした。

わざわざ遠くから来てくれたし、凄く楽しみにしていた様で一匹は釣ってもらいたいと、ポイントを千葉北西部にすることにした。

ポイントを数カ所周り状況を見る。

この日は潮も風も申し分ないシーバス日和。

ただちょっとバチが抜けるにしては、潮回り的には少し早いタイミングであった。

まあ何とかなるなるでしょう。

それと、川とは違い広大な海だからとても良もちが良いとの事。

上げ狙いで2か所廻ってみたがノーバイト。

やはり春先は暗くなってからが勝負かなと。

P2240005.jpg

さてポイントは僕が初めてシーバスを釣ったポイントでやることにした。

少し北西の風があるがまあ悪くない。

水鳥も沢山飛来していて、3月間近とは言えまだまだ冬の海ではあるが。

ミキティはシーバスルアーも幾つか揃えているが、「何なんだその格好は?」と突っ込みを入れたくなるほど釣りに行く格好では無い。

コートにジーンズにスニーカー(まあスニーカーは良いとして)と、原宿あたりにでも遊びに行く格好じゃないか。

まあ良い、とにかく夜釣りなんで安全第一で釣りをしよう。

ただ驚いたことに、彼は1月に荒川の中流域でシーバス(しかも70アップ)を釣っており、しかももっと驚いたのは今年に入り数十回通いまくったとのツワモノであった。

いやあ若いってことは凄いなあ。

と言うか良くめげることなくやり続けたよなと感心する。

少なくとも僕は3かいくらいボウズだったら諦めてしまう。

(シーバス釣りを始めた当初を思い出してしまった)

さていよいよ夕マズメ。

テトラ帯のジャークでやっとフッコクラスが足元でバイトしてきた。

残念だったがこれは乗らなかった。

でも魚は着いてる。

日が暮れてミキティにテクトロやってみたらとアドバイスを送る。

P2240010.jpg

するとその一分後にはセイゴを釣っていた。

おお!やるじゃん。

取りあえずボウズじゃなくてほっとした。

状況的にはとても良い。

ただこれ以降続かず、頼みのテトラ帯で粘ってみたがノーバイト。

あれれ?バチまだ抜けてないのかと足元の水面をライトで照らすと、トリッキーバチが泳いでた。

ただそれ程多いわけではないから、このポイントでは無いのだろうかと移動する事に。

移動する前にちょっと気になってる箇所でエリア10を引いてやると、グンとロッドが重くなった!

お!やっとシーバスがヒットした。

ラインを出していくのでちょっと良型を期待しつつ、かなり潮が引いているのでストラクチャーにラインが擦れない様ドラグを締めてランディング体制に入る。

バラしちゃうかなと思ったが何とかネットイン。

P2240012.jpg

よーし、62センチのスズキサイズ!

数は少ないが、シーバスはキッチリ着いてたんだね。

バチでは無さそうだけど、何を喰っていたんだろう?

ポイントを河口付近に移動し、残りの下げを狙うもノーバイト。

せめて彼にはアベレージ位はと思っていたが、まあ自然相手だから仕方ない。

でも結構楽しんで貰えたと思うし、まだ時期はこれからだ。

最後は回転ずしを食べて終了。

夜はちょっと雪もチラついていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中