運河のバチ

満潮前に運河へ到着。

 

まだ明るいうちはジャークなどで様子を見てみる。

徐々に暗くなってから一応表バチパターンで表層を狙ってみると無反応。

上から下まで探り結構粘ってみても特に異状なし。

 

仕方なく運河の奥(と言うか表へ)へ移動。

東からの風が吹いていて若干水面が波立っている。

 

風裏に来ると水鳥が沢山いた。

常夜灯が明るく悪くはない。

しかし、今日は寒い。

薄着をしてきてしまったのだが、まるで冬に逆戻り。

手が悴んでくるし、早く一尾を上げて暖かくなりたい。

 

でもまるっきりバイトも無い。

ルアーを回収するときにライトを照らしてみると、ルアーに着いてきたのか何かの魚が反転するのが見えた。

シーバスかボラかどっちだろう?

 

バチも確認しバチパターンで探るが無反応。

そう簡単ではない。

 

寒くてもうやめようと思ったが、下げ潮狙いでスタート時の明暗部でちょっとやってみる事にする。

明暗部の表層をバチパターンで引いてやる。

若干上流へキャストし、暗部に入っていくパターンだ。

 

するとロッドが重くなった。

まるでゴミか何かを引っかけた感じだが、これはシーバスだった。

冬のシーバスはゴン!では無く、グンという当たりなのだ。

 

P2280004.jpg

 

エリア10で、50センチくらいのアベレージクラス。

ようし、暖かくなってきた。

 

P2280013.jpg

 

口の中からバチを吐き出した。

やはりバチパターン。

 

そして同じように明暗絡みで、バイト後に元気な40クラスを追加。

 

P2280018.jpg

 

小さいサイズだけど、ルアーに喰いついてくれるわけだから楽しませてくれる。

結局、何時ものパターンなんだけどね。

 

この日は気温5℃で、通りで寒かったわけだ。

広告

運河のバチ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 運河のバチ – 爆釣速報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中