シーバスのアタリ?

仲間が、三番瀬などの朝練(朝方釣る事)でシーバスをキャッチ出来たみたいだ。

しかもスズキサイズの良型で羨ましい。

それにあやかろうと、自分も三番瀬ポイントへ釣行!

満潮がらみのデイゲーム。

その前に気になるポイントをチェック。

橋がらみの小規模な場所だが2回ほど行った事が有り、反応が無いが良さげなちょっとした川ポイント。

この日は小潮なのか、満潮付近でも潮位が上がらず水も少ない。

しかも足場が高い所なので、ルアー釣りとしてはやり辛い。

開けた水面にはまだ渡り鳥が結構いて、こいつらは何時飛び立つのかと思いつつキャスト。

デイゲームなのでジャークで攻めてみる。

手前は浅い場所なので、ルアーはワームを装着。

船が通るミオ筋のブレイクラインと、橋のシェードになった箇所が狙い目だ。

シェードにルアーを斜めにキャストし、ジャークで誘っていると、グワンと違和感。

ん!?今のはなんだ?

ストラクチャーにでも擦ったか、それともまたボラか何かか...。

もう一度...ゴッ...これは石か何かだろう。

もう一度、同じコース...グリン!

合わせたが何も乗らず。

ううむ、シーバスなのか、ボラに擦れているだけなのか、それともストラクチャーか悶々としてきた。

もう少し、トレースコースをずらしてキャストしジャークする。

グン!乗った!

いやいや、これは重い!

あー、この感じはもしかしてアレか、またボラのスレ掛かりだな。

それにしても凄い引きだ、まるでシイラか何かやっているようでこれはこれで面白い。

ポンピングで寄せるが足元が浅いのでやり辛く、しかもネットを準備してなかった。

取りあえずたぶんボラであろうと思って一生懸命寄せると、おっとシーバスのスレ掛かり!

ネットが無いので、ラインを手繰り寄せランディング。

55センチくらいのアベレージクラス。

P3230024.jpg

やっぱりシーバスが居てくれた。

ルアーのダートに喰いそびれて、ボディに掛ってしまったのだろう。

すまんすまん。

リリース後ネットを準備し釣り再開。

そしてまたヒット!これも重い引きだぜと思ったが、これは牡蠣ガラとれたものだった。

そして、それ以降は反応なし。

三番瀬ポイントに移動し、奥まで行って往復したが残念ながら反応無く終了。

タイミングが合わなかったのかもしれないな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中