朝比奈切通

朝比奈切通は、鎌倉時代に海からの物資を鎌倉へ運ぶ為に山を切り開いて作った道だそうだ。

つまりは相当古い古道で、現在でもその痕跡がある。

 

_DSC3476.jpg

 

本格的な登山では無いので、ジーンズとスニーカーで歩く。

早朝、気持ちのよいスタートだ。

 

_DSC3505.jpg

 

少し歩くと、昔山を削った崖が見受けられる。

上に高速道路が通っていてるから、今と昔が交差してる。

 

_DSC3480.jpg

 

そして左右の山を削った箇所がある。

 

_DSC6982.jpg

 

大昔、どの様に山を削ったか分からないけど、相当な人力と時間が掛ったのだろうと想像させられる。

 

_DSC6980.jpg

 

江戸幕府もそうだが、権力というものは恐ろしいものだ。

しかもここを物資を運んで歩くのだから...まあ今も大変か。

 

_DSC3500.jpg

 

所々に、四角い穴が掘られているが、これは何を意味するのだろう?

たぶん歴史が好きな人は分かるのだろうが、僕にはただの物資置き場、それか何かを祀る物と思われる。

何なんだろう?

 

さらに歩くと分岐点が出てくる。

 

_DSC3511.jpg

 

この分岐点でちょっと失敗してしまった。

思いこみで真っ直ぐ行ってしまった。

ここから左手に行った5分の所に熊野神社があり、本来はそこに寄りたかったのだ。

 

_DSC3517.jpg

 

壁に観音様が掘られているが、道中の安全を祈願したものなのか。

 

_DSC3521.jpg

 

ここらで山道は降りに入る。

水が至る所から流れており滑り易く、降りはかなりのぐちゃぐちゃのダートロードだ。

スニーカーが泥だらけになってしまった。

 

で、ここで気付いた。

あの分岐点は左に行くんだったんだと。

今から戻るのも気が引けるし熊野神社は諦めることにした。

 

_DSC3538.jpg

 

あっと言う間にゴール。

 

_DSC3556.jpg

 

仕方ないので、果樹園の方から山道を歩いてみる。

それにしてもこの日は風も無く小春日和だった。

 

_DSC3566.jpg

 

果樹園を抜けて山を登ると、一人の年配の男性がやってきた。

何度も鎌倉あたりの山に登っているらしく、コースなどを教えて貰ったが、どうもここから20分で熊野神社へ行けるらしい事が分かった。

その元教員の様な方にお礼を言い、熊野神社リベンジを果たす。

 

_DSC7005.jpg

 

第2次世界大戦時に高射砲があった場所が展望台になっており、そこから富士山がどーんと見えた。

 

_DSC3584.jpg

 

歩きやすい山道を歩く。

道の脇に柵があり、その柵の中は米軍の敷地内らしいが、木の枝を飛び回っているリスには関係ないみたいだ。

 

_DSC3595.jpg

 

数か所に分岐点があり右か左か悩むが、何とか熊野神社に到着。

20分と言っていたが30分くらい掛ったかな。

 

_DSC3615.jpg

 

静かでこじんまりした神社であった。

また切通しを通ってスタート時の朝比奈へ下山。

何だかんだで山を1周した形になった。

 

_DSC3666.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中