シャローのシーバス

ポイントへ向かう途中で気が付いた。

あ、リール忘れた...

ポイント間近まで来て泣く泣く引き返す。

今日はウェーディングをしようと何時もと違うタックル準備だったので、つい忘れてしまったのだ。

それにしてもメインのリールを忘れてしまうとは。

この日は風が強く(西南西?)必然的に風裏での釣行になるが、念の為三番瀬ポイントに立ち寄るとかなりの強風で釣りにならない。

で、江戸川ポイントでウェーディング。

波気があるし風の影響は皆無ではないが釣りは出来そうだし、それに既にアングラー2名が立ち込んでいた。

と言う事で入りたかった明暗部には既に先行者が居たのですこし下流に入る。

P3150072.jpg

ウェーダーも新調したので、そのテストも兼ねての釣行(ホントにテストで終わるかもしれないが)。

この潮位ではまだ流芯を狙うのは無理なので、適当に沖に投げて反応を探る。

とにかくここは浅く流れも何もない。

一通りシャローからボトムを探るがノーバイト。

ちょっと飽きてきたのでポイントを替える。

もう少し灯りが有るところに移動し、干潟のシャロー帯を探る。

所々、牡蠣ガラが点在していて直ぐにルアーが引っかかる。

膝の少し上あたりの深さでかなり浅く、こんな場所に果たして魚いるのかなと半信半疑で、Bootsでシャローをスローリトリーブする。

ベイトも見当たらないが、工場地帯の灯りが良い感じに入ってるので、ただ何となくシーバスが居そうだなという感覚でロッドを振る。

ん?また根掛かり?お!来た。

ドサドサとシーバスのエラ洗い。

浅いので牡蠣ガラでラインを擦らない様にロッドを立てる。

危なっかしくネットイン。

悪くないサイズだ!

フィッシュグリップを忘れたので手でアゴを掴む。

P3150024.jpg

メジャーを出そうとしたが億劫なので測らなかったが60半ば位だろうか。

今まで小さいのしか釣れて無かったから異様にでかく見えたが、70センチは無いな。

P3150012.jpg

いやー嬉しい一本だ。

その後少しだけやって後追いせずに撤収。

P3150085.jpg

かなり浅い場所でもシーバスは居るもんだね。

広告