涼しい夏の夜

この日は、なんだか涼しい日であった。

日が暮れて何となく小雨が降ってきたが、ふらりと運河を偵察。

まあ、小一時間だけ竿を降って何もなけりゃそれで良いやと。

 

さらりとした涼しさが秋の夜を感じさせる。

満潮時だから、水量も多い。

 

取りあえず、荒らす前にシャローを引いてみるかとFV-Mをフルキャスト。

アップクロスからダウンクロスへ叩いて、4投目に橋の下のシェードを通す。

 

ゴン!ヒット!

 

50センチくらいか?少しラインを出され無事ランディング。

 

P8110053.jpg

 

一応、メジャーで測ってみると57センチあった。

やったね、開始5分で結果が出た。

 

そこから、ジャーク、バイブレーションと色々やって、一巡してまたFV-Mを沖のブレイクで流していると、ゴン!というバイト。

が乗らない...。

 

叩き過ぎと言う事で、早めの撤収。

 

ちなみに、少し前の太陽ギラギラの暑い日。

ふと公園の水路の護岸の影を覗くとシーバスらしき姿。

こんな場所に居るとは。

 

_DSC6498.jpg

 

スズキも暑そうだな。

 

夏の朝練

梅雨明け宣言した東京であったが、また梅雨空に戻ってしまった8月初旬。

7月は赤潮に悩まされ湾奥は状況が悪く、まったくノーバイトであったシーバス。

この日はD氏と朝練。

まるで夏休みのクラブ活動の様に。

 

さて、何処へ...。

さすがに、状況は回復しているはずという事で、いつもの千葉北西部へ。

満潮から下げ4分からのスタート。

 

P8050008.jpg

 

風も無く、茫洋とした光景。

うむ、悪くない。

水面には小さな小魚の群れが居る。

小魚は少し黄色がまじり、体高がある事からアジかサッパだろうかとD氏の見解。

泳ぎがヒラヒラとした感じだ。

 

そのほかカタクチイワシぽい群れも見受けられるし、とにかくベイトが凄い。

(どうでも良いがフナ虫も凄い)

何時ものようにジャークで攻めていく。

 

日が昇るにつれ、近くの林から蝉が鳴き出し気温も上昇してくる。

しかも湿度も高いので、とにかく蒸し暑い。

 

少しずつポイントもずらし際と沖を交互に打って行く。

だが、一向にバイトが出ない。

 

まだ赤潮の影響があるのか、それともこれだけ広いポイントでベイトも疎らなので、シーバスがどこに着いてるのか判断しかねる。

とにかく蒸し暑い。

額から汗が滴り落ちる。

いやあ、やっぱ厳しいな。

 

ベイトがヒラヒラとした動きだから、ミノー系はやめてバイブレーションにしてみる。

テトラ際の一投目に、ジャークをかますと重くなった。

根掛かりか?おっと、シーバスだ!

結構な引き味でスズキクラスかと思いきや、ネットインすると50弱のフッコクラス。

 

P8050005-2.jpg

 

でも嬉しい。

久々のシーバスに少し足が震えた。

取りあえずシーバスが居たって事だけで一安心。

 

その後は反応なくこの場を撤退し、D氏が気になっている江戸川中流部へ一気にポイントを移動。

 

P8050020.jpg

 

おっと、ここは何度か来た事が有る個所だ。

ちょっと田舎っぽい感じがまた良いが、とにかく蒸し暑い。

かなり引いていたので、ここはやるとしたら満潮がらみだろう。

 

ブラックバスでも釣れないかなと思い、シェードを叩くも何もなし。

で、撤収作業をしてると、先ほど叩きまくったシェードポイントにアングラーが一人。

見ると、立て続けにブラックバスを掛けてたので、あららという感じだった。

 

P8050032.jpg

 

まあ、夏休みっぽくてこれはこれで良い。

 

P8050048.jpg

 

この日の夜は江戸川花火大会との事だ。

厳しい湾奥

連敗が続いてる湾奥シーバス。

とにかく、梅雨時期なのにまったく雨が降らない。

赤潮が大発生し釣りどころでは無い。

 

旧江戸川河口付近は意外と水が綺麗だったりするのだが、なぜか誰も釣れてない模様。

まるっきシーバスが居ないかと言えばそうでは無く、チェイスは確認出来るのでそこがまた歯がゆい。

 

さて、この日は荒川でロッドを振ってみたけど南風が強く、風裏である運河に逃げる。

 

P7140071.jpg

 

雲ひとつない晴天だから、しっかりと日焼け止めクリーム、更に虫よけスプレーをしてきた。

蝉も鳴いているが、これがミンミン蝉だったら完全に夏だよなと思う。

 

運河も何だか茶色っぽい。

色々やるがやはりダメで、一応バイブレーションのやけくそジャークで引いてくるとヒット。

あら?結構濁ってるけど、しっかりと見えてるのね。

 

P7140065.jpg

 

スレ掛かりの抜きあげサイズ。

小さいが、久々のシーバス(一応)。

 

調子に乗って、沖の根の上でやけくそジャークをやってると、ドラグが鳴りラインを出されたがフックアウト。

反対側に回ってCD7のただ巻きで、また同じような抜きあげサイズ。

 

P7140077.jpg

 

水面では、何か小さなものが蠢いている。

ライトを照らしてみると、沢山のクルクルバチだった。

 

いやー、それにしても湾奥厳しいな。

赤潮を避けて

久々にミキティから釣りの誘いが有ったので、湾奥シーバス巡りに出た。

最近の東京湾の青潮、赤潮はかなり酷かったが、幾分雨も降ったしどうかな?と千葉北西部に釣行。

 

朝方から、梅雨空らしく小雨が降っているが悪くはない。

が、現場に到着し海を見ると、全体的に茶色の海。

いきなり出鼻を挫かれてしまった。

 

東京湾の貧酸素水塊予想システムをみるともう酷い。

 

04tnsui08.png

 

こんなんじゃ釣りなんて無理。

さて、どうするか?

もっと東に行くべきだったか...いや、今からじゃ時間がもったいない。

よし、近場の江戸川辺りを見てみよう。

 

P6300013.jpg

 

うむ、ここはさすがに影響受けては無い。

ミキティは埼玉からわざわざ来ているので、是非一匹は釣ってもらいたい。

いや、僕もボウズが連続してるのでもちろん自分も釣りたい。

しかし、悪くはなったがここはノーバイト。

濁りがきつく、ベイトフィッシュが見受けられなかった。

 

周辺をラン&ガンし、開けてる所は多少赤潮の影響で、水が良くない事が判明。

それなら、もっと奥か...。

かなり昔に入ったポイントが頭に浮かんだ。

あそこはどうなってたっけな?そもそも入れるポイントだったかな?と昔の記憶を思い浮かべる。

 

P6300019.jpg

 

昔入った奥まったポイントでの潮の感じは悪くない。

しかもイワシやらサヨリ、ボラも沢山いる。

これは期待できそうだ。

開始早々、ストラクチャー際をジャークすると、ルアーの後ろにヌウっと大きな黒い魚体が見えた。

反転して行ったからボラや二ゴイでは無い。

 

少しずつ奥にポイントを進めると、シーバスのチェイス確認!

さらにその2投げ目に大きな口を開けてルアーを追ってきたが、追い切れずショートバイトのみで乗らず!

ああ悔しい。

ルアーはサスペンドなのでレンジが合わなかったのか、シンキングにしておけば良かった。

魚が着いている事が分かったがその後反応なし。

 

P6300028.jpg

 

仮眠後に午後からまた先ほどのポイントへ。

相変わらず、雨が降ったりやんだりの梅雨空。

 

P6300042.jpg

(こんな所にアメリカザリガニ)

 

午後一発目、又もやジャークにチェイス!

喰わした!と思ったが、フックアップせず、シーバスはジャンプして一人エラ洗い。

くそ!

やはりレンジが上過ぎるのか...。

 

このポイントを見切りまた江戸川に。

引いているのでかなり浅く、しかも沖の方に茶色い帯。

ここまで赤潮が入ってきているのか。

 

手前の方はまだ水質が良いので、シャローを狙う。

ミキティが釣れた!と叫んだ。

しかも彼はハンドランディング。

 

P6300047.jpg

 

おお!やったね。

取りあえず一匹釣れてよかった。

濁っていたからステディリトリーブが良かったのかもしれない。

リリース後、残念ながらそのヒットルアーを引っかけてしまい、このポイントは杭とか岩が点在するポイントなのだ。

 

夕まあず目にまた奥またポイントと上げの江戸川でやったが無反応で終了。

いやあ久々に湾奥で半日釣りをやったから疲れた。

日焼けもしてしまった。

 

魚が釣れなかったのは悔しいが、赤潮の状況で魚を見つけ出せたのはまあ良かった。

しかし、釣りあげるまでには大変。

 

魚を探す→魚をルアーに掛ける→魚をランディングする。

この3つの行程をクリアしてやっと手にする事が出来る。

そう簡単には行かないのだ。

 

それにしても湾奥が良い状態になるのは何時になるのか?

3度目の正直

前回の悔しさが尾を引いているので、どうにかして一本捕りたいとモヤモヤしてる。

押してダメなら引いてみろと言う事で、気合いの早朝釣行。

日の出位に浦安ポイントに着くが、曇っていて太陽は望めない。

いや、デイゲームの時は曇っていた方が断然有利だ。

 

潮が引いていて、シャローでは小魚が沢山いる。

なんだろう?青っぽいからイワシだろうか。

 

まずは掛け上がりを狙うが、ちょっと潮が引いているのでここは無反応。

ストラクチャーポイントを引いてやると、おっと下からチェイス確認。

ちょっとずらし、もう一度エッジをジャークで通すとヒット!

アベレージくらいだが慎重にやり取りするも、エラ洗い一発でバラし...。

しっかりとフックを新しいものにしておいたのになあ。

 

まあ、シーバスは着いている事がわかったが、これ一発で終わってしまう可能性もある。

ふと、足元を見ると、おっとカタクチイワシの群れが凄い。

何かに追われているのだろうか?打ち上げれらているのもいる。

 

P6180004.jpg

 

これだけイワシがいるのだから、そりゃシーバスも着いてるよな。

 

上げてきたので掛け上がりポイントに移動。

際をXラップで通すとヒット!がバラし...。

くそー、バラシ病だ。

 

まだ出るかもと、ペンシルベイトをフルキャストし、ジャークで攻めるとヒット!

よし!これは中々良い引き。絶対獲るぞ!

ドラグを鳴らしラインを出していく。

やはりデイゲームだとやり取りが見えて迫力があるぜ。

 

P6180012.jpg

 

3度目の正直でやっとスズキクラス(早起きして良かった)。

ストームのシンキングペンシルなんだけど、これまた非常に生々しいアクションなのだ。

ロッドを煽ると左右にダートし、重いので良く飛ぶしフォールでもユラユラとアクションするし、レンジも取り易い。

ベンチ入りでもないルアーだったが、一気にデイゲームの一軍に昇格だが廃番なのかあまり出回って無い。

 

とにかくイワシが居てくれたおかげでシーバスが釣れたのだ。

 

最後はストラクチャーポイントで一本バラシ撤収。

まあ、スズキクラスが獲れたので良しとする。

 

暑くも寒くも無く、釣りをするのには気持ちのよい朝であった。

悔しい2連バラシ

梅雨どきだが、なかなか雨が降らない。

そんな中の釣り。

まず運河では、チビスケしか相手にしてもらえず。

 

P6080007.jpg

 

去年は鉄板ポイント的な場所であったが、タイミングが悪いのか今年はパっとしない。

泳ぎが達者なでかいバチも健在であったが、いまいち。

 

P6080017.jpg

 

前回は運河はやめて、多少南風がある浦安ポイントで釣りをした。

すると期待はしてなかったが、Bootsの一投目でヒット。

ゴミか何かだと思ったが、これが首を振るのでシーバスだと思った。

不意打ちであったのであわせが遅れたのかフックアウト。

 

さらにジャークで際を誘っていると、これまたナイスな引きのシーバスを掛けた。

足元まで持ってきたが、この時期のシーバスの引きは強烈なので、それに耐えていたらフックアウト。

これは実に痛かった...。

この日は結局5,6バラシくらいしたのか、肩を落として現場を後にした。

 

そして今回は気合いを入れて、早めに同じポイントへ。

前回よりも水は良い感じだ。

そして、ペンシルのジャークにヒット!(意外と浅場に着いてるんだね)

これは重量感のあるシーバスだ。

 

エキサイティングして寄せに掛るが、離れていてもでかい口だと分かるくらい豪快なエラ洗いを喰らって、ルアーだけ飛んできた。

はあ...何やってんだか...。

 

ストームのシンキングペンシルだけど、これが実に良い動きをして、シーバスがたまらずチェイスしてくるのが分かる。

だが、着水後に掛って来たのは、これまた大きなダツであった。

 

P6140019.jpg

 

しかも連続で掛って、シイラみたいに2,3匹着いてくるところが面白い。

と言うか、怖いよこれは。

P6140020.jpg

 

で夕マズメにジャークでやっとフッコが掛った。

 

P6140022.jpg

 

夜は、夜光虫が光ったり、小さいのしかでないので、この時期は日中の方が出しやすいのかもしれない。

早く満足できるサイズが釣りたい。ホントに。

大菩薩峠縦走

今年初の登山は山梨県にある大菩薩峠へ。

 

それにしても、朝の甲府行きの中央線は、その殆どが登山目的の人たちだった。

甲斐大和と言う駅で降りて、そこからバスに乗るんだけど、バス一台では到底乗れない人数。

結局、もう一台バスを呼びますと言うことになり、暫く待たされるのかなあと思ったが、ものの3分くらいで2台目のバスが来た。

 

上日川峠からスタートするが、もうここは既に標高1590メートル。

山岳部なのか若い人たちも多く、「ええー、今日の目標はみんなから脱落しないように頑張ります」とか言ってる。

 

_DSC6027.jpg

 

標高が高い故、思ったよりも涼しい...と言うか寒いくらいだった。

木漏れ日が実に気持ちがよく、梅雨前の貴重な天気だ。

 

_DSC6040.jpg

 

知らなかったけど、大菩薩峠は2000メートルもあり一応百名山という事だった。

それにしてもやっぱり緑が沢山あって良いなあと思う。

 

_DSC6038.jpg

 

_DSC6042.jpg

 

少し登ると福ちゃん山荘が有り、そこからコースが二つに分かれるのだが、大体の人は右側のコースを行く。

僕らは、急騰のコースを選び、稜線を目指す。

やはり急騰は息が切れる。

心臓が、バクバクと鳴り響き、日もだいぶ登ってきたので暑くなってきた。

 

後ろを振り返ると、雪を被った富士山が現れた。

錯覚で高さ的に同じくらいに見えるが、もちろん富士山の方が1000メートル以上も高い。

ダム湖が見えるが、これは大菩薩湖という人工湖だ。

 

_DSC6051.jpg

 

 

富士山を見て右側には甲斐大和の街並みとその向うに南アルプス。

そして左手には大菩薩峠の稜線が続く。

今回は湖の稜線を縦走し、やまと天目温泉まで歩くのだ。

そうとう歩く山旅なのだ。

 

そしてまだ午前中の内に雷岩と言う箇所に到達し縦走路に入る。

大菩薩峠のピークである大菩薩嶺へは行かず、それを背中にして稜線をひたすら歩く。

僕らはピークを目指さない逆のロングコースなのだ。

 

_DSC6070.jpg

 

縦走路は道がなだらかで歩きやすく、峠を抜ける風も心地よい。

小さな子供も登っているから、まあわりと初心者でも登り易いコースかもしれない。

通り過ぎる人には「こんちは」とか挨拶するのだけど、朝の電車で前に座っていた男性4人組とすれ違って挨拶した時は、何か変だなあと思った。

 

_DSC6094.jpg

 

少し行くと、山荘が出てきた。

そしてここからアップダウンのきつい登山になる。

驚いた事に自転車を担いで登ってる人が居た。

あまりにも大変そうなので、ついつい「いやあ大変そうですね」と声を掛けたら「しんどいですよ」と帰ってきた。

まあ、下りは楽そうだけど、やりたい事をやるのは大変だなと思った。

 

_DSC6103.jpg

 

黙々と歩いてさすがに腹が減ってきたので飯にしよう。

 

_DSC6128.jpg

 

定番のカップ麺だが、これがまた最高!

風も気持ちが良いし昼寝でもしたら天国だろうなと思ったが、まだまだ先は長そうだ。

 

_DSC6109.jpg

 

ここから先は殆ど登山客が居ない。

そりゃそうだ、みんな山頂を目指すよな。

でも、また人が疎らだからさらに開放感がある。

 

_DSC6153.jpg

 

山脈って平じゃないから、降りて登ってを繰り返す。

この登りがまたきつい。

森の中は色々な鳥が鳴いていて、一体何種類くらいの鳥がいるのだろう?

たまに猿か鹿かわからないけど、小動物の鳴き声も間近に聞こえてきた。

 

_DSC6143.jpg

 

_DSC6160.jpg

 

森に入ったり、草原に出たりする。

朝から何時間歩いてるのだろうか、流石に疲れてきた。

アップダウンを何度も繰り返してると、中央アルプスを縦走した事を思い出す。

あの時は、山を越えても越えてもゴールには着かず、一体山を幾つ越えればいいのかと悄然したのだ。

 

_DSC6181.jpg

 

_DSC6185.jpg

 

やっと、黒岳という山が見えてきた。

たぶんあれを超えればやっと下山出来るだろう。

 

_DSC6211.jpg

 

しかし、考えてみれば、日本て山ばっかりだよな。

そう言えば先日、食堂で昼食を摂っていたら、横の若い女性二人の世間話が耳に入ってきた。

「私の出身山梨なんですよ。山梨って何もないところですよホントに。山と川しかない」

と話していたが、確かに東京の中心部と比べちゃうと緑色の割合が凄い。

中央線や中央道で、高尾から先の山梨方面は、山の中を突っ切るので山かトンネルだもんね。

 

_DSC6205.jpg

 

_DSC6215.jpg

 

そして、下山途中に見つけた小動物の骨。

最初鳥だと思ったが、これは多分小鹿か何かだろう。

 

ストイックな下山をしてると、やっと沢に出くわした。

縦走路付近の道は乾燥していたが、やはり山は多くの水を蓄えている。

 

_DSC6257.jpg

 

水は冷たく、実に綺麗だ。

山頂も良いけど、この水辺も非常に美しかった。

 

_DSC6265.jpg

 

いやあやっと下山。

下山の時におじさん二人とすれ違ったが、なんと車を置いた場所と違ったらしく、また分岐点まで戻るらしい。

車での登山は自由度が増すが、下山の事を考えるとそうでもないのかなあと思ってしまう。

でも、今降りてきた道をまた登って行かなくちゃと思うと、これは気の毒に思う。

 

_DSC6267.jpg

 

やった!ゴール!と思いきや、この車道を1時間半降らなければならない。

ひょええ...。

ここはかなり気合いを入れて最後の力を振り絞り早歩きをしをした結果、1時間前のバスに間に有ったのが奇跡であった。

 

久しぶりの登山だから、次の日は足腰が痛かったよ。