釣り好きセーネン

釣り好きセーネンのミキティから釣りの誘いが有った。

最近、シーバスをやってるみたいで、どうも僕のホームポイントで釣りがしたいみたいだ。

彼の住まいは西東京の方なので荒川の上流でシーバスを狙っているらしく、あまり海ではやって無いとありそれなら浦安アタリでも廻ろうかなと思っていた。

しかし前日、海の状況を確認しにいくと、その日はかなり南風が強かったためかこのポイントでは濁りがきつく釣りは厳しそうだった。

ちょっと場所を移動すると、潮は澄んでいて良かったがノーバイトに終わってしまった。

うーむ明日大丈夫だろうか...。

そしてミキティとは満潮がらみから釣りをすることにした。

わざわざ遠くから来てくれたし、凄く楽しみにしていた様で一匹は釣ってもらいたいと、ポイントを千葉北西部にすることにした。

ポイントを数カ所周り状況を見る。

この日は潮も風も申し分ないシーバス日和。

ただちょっとバチが抜けるにしては、潮回り的には少し早いタイミングであった。

まあ何とかなるなるでしょう。

それと、川とは違い広大な海だからとても良もちが良いとの事。

上げ狙いで2か所廻ってみたがノーバイト。

やはり春先は暗くなってからが勝負かなと。

P2240005.jpg

さてポイントは僕が初めてシーバスを釣ったポイントでやることにした。

少し北西の風があるがまあ悪くない。

水鳥も沢山飛来していて、3月間近とは言えまだまだ冬の海ではあるが。

ミキティはシーバスルアーも幾つか揃えているが、「何なんだその格好は?」と突っ込みを入れたくなるほど釣りに行く格好では無い。

コートにジーンズにスニーカー(まあスニーカーは良いとして)と、原宿あたりにでも遊びに行く格好じゃないか。

まあ良い、とにかく夜釣りなんで安全第一で釣りをしよう。

ただ驚いたことに、彼は1月に荒川の中流域でシーバス(しかも70アップ)を釣っており、しかももっと驚いたのは今年に入り数十回通いまくったとのツワモノであった。

いやあ若いってことは凄いなあ。

と言うか良くめげることなくやり続けたよなと感心する。

少なくとも僕は3かいくらいボウズだったら諦めてしまう。

(シーバス釣りを始めた当初を思い出してしまった)

さていよいよ夕マズメ。

テトラ帯のジャークでやっとフッコクラスが足元でバイトしてきた。

残念だったがこれは乗らなかった。

でも魚は着いてる。

日が暮れてミキティにテクトロやってみたらとアドバイスを送る。

P2240010.jpg

するとその一分後にはセイゴを釣っていた。

おお!やるじゃん。

取りあえずボウズじゃなくてほっとした。

状況的にはとても良い。

ただこれ以降続かず、頼みのテトラ帯で粘ってみたがノーバイト。

あれれ?バチまだ抜けてないのかと足元の水面をライトで照らすと、トリッキーバチが泳いでた。

ただそれ程多いわけではないから、このポイントでは無いのだろうかと移動する事に。

移動する前にちょっと気になってる箇所でエリア10を引いてやると、グンとロッドが重くなった!

お!やっとシーバスがヒットした。

ラインを出していくのでちょっと良型を期待しつつ、かなり潮が引いているのでストラクチャーにラインが擦れない様ドラグを締めてランディング体制に入る。

バラしちゃうかなと思ったが何とかネットイン。

P2240012.jpg

よーし、62センチのスズキサイズ!

数は少ないが、シーバスはキッチリ着いてたんだね。

バチでは無さそうだけど、何を喰っていたんだろう?

ポイントを河口付近に移動し、残りの下げを狙うもノーバイト。

せめて彼にはアベレージ位はと思っていたが、まあ自然相手だから仕方ない。

でも結構楽しんで貰えたと思うし、まだ時期はこれからだ。

最後は回転ずしを食べて終了。

夜はちょっと雪もチラついていた。

ノットバチパターン

さてそろそろ今年のシーバッシングもスタートさせたいところ。

今年に入り、湾奥は2,3回釣りに行ってみたが、すべてノーバイト。

ただ前回の釣行で、風裏でバチを見つけたからそろそろバチパターンも良い感じになるだろうと確信。

P2140069.jpg

その時は気温が一桁代と非常に寒く、それが釣り場から足を遠のかせているのも否めない。

それと、リトリーブ時に違和感を感じロッドの先端を見ると、なんとトップガイドにクラックが見受けられた。

こんな症状は初めてだったので驚いたが、通りで引き抵抗が重いと思った。

P2150073.jpg

こんなんじゃPEラインが劣化して終いには切れてしまう。

何時からクラックが入っていたのだろう?

早速トップガイドをライターで煽りガイドを外し、釣具屋で買ってきた新しい物を取り付ける。

ちょっとガイドの口径が小さかったが悪くない。

P2160075.jpg

後は、ルアーをキャスト&リトリーブし、魚が釣れてくれればオッケーだ。

_MG_6377.jpg

そしてこの日は非常に暖かく、河津桜も8分咲きと春を感じさせる日だった。

夕方から、上げ潮の満潮がらみを狙いに行く。

ポイントは運河。

満水状態かなと思いきや、まだまだ潮位が低い。

こりゃポイントミスかなと思ったが、念のためにやってみる。

ルアーをキャストしロッドの状態を確認。

それとリトリーブもスムーズで、取りあえずトップガイドは大丈夫みたいだ。

後は魚を釣るだけだ。

一応、シンキングペンシルからスタートし状況を確認する。

手前はシャローになっていてやはり潮位が低い。

若干光量もあるので、シンキングミノーのジャークをしてると手前5メーター位でシーバスが反転するのが見えた。

お!居るじゃん。

そして次のキャストで重くなった。

やった!ヒット。

サイズは大きくは無さそうだが、結構な抵抗力。

が、足元でフックアウト。

でも2ヶ月半ぶりの魚の感触で、足が震えてくる。

ルアーをソルティダーティストからXRapにチェンジ。

そして同じようにジャークでヒットしこれは無事ランディングできた。

P2160077.jpg

50有る無しだけど、まあ今年最初のシーバスである。

今年もよろしくお願いします。

それ以降全く反応なし。

バチ抜けは見受けられず、水面に小魚の群れが確認できたのでたぶんそれを喰っていたのだろう。

トップガイドも問題ないみたいだし2時間くらいで撤収した。

初釣りは寒い房総へ

さて、年も変わり、まったりインドア生活かなと思いきや早々と釣り開始。

どうもD氏は年末に房総で良い思いをしてきたので(シーバスの76センチが出たとか)それにあやかろうと。

 

未明に東京を発つも、誤って成田方面へ向かっていた。

慌てて引き返し内房へ着いたのが3時くらいだったかな?

 

外の気温は、2度とかそんな感じで無茶苦茶寒い。

星空は綺麗だけど、寒さで感傷に浸っている余裕もない。

ちょっと甘く見てたなあ。

 

P1070002.jpg

 

それでもロッドを出さないといけないので寒さをこらえ釣りをする。

特に指先とつま先が痛いほど寒い。

 

早く魚が掛るか、太陽が上がらないかなと思いながらロッドを振る。

風は穏やかなのがまだ救いだが、足元を見れば何か光るものが泳いでる。

これはヒイラギの様で、シーバスはこのヒイラギをベイトといている可能性もある。

 

しかし一向にアタリも無いのからやはりきつい。

場所を移動し早朝を迎えると、こんどは睡魔が襲ってきた。

D氏はそれでも竿をふってるからタフだなと思う。

 

P1070037.jpg

 

P1070024.jpg

 

周りに釣り人も増えてきたが誰も釣れてる様子は無さそうだ。

 

P1070034.jpg

 

いやあ、それにしても凄い透明感だなあ。

水温の方が暖かいのか、水面から靄が出ていて幻想的だ。

 

P1070022.jpg

 

腹も減ったのでちょっと北上して飯にしよう。

いつものホットサンドとコーヒーで英気を養う。

 

P1070048.jpg

 

仮眠後にちょっとやるもダメダメ。

全然釣れないじゃん(まあ何時もの事だけど)。

今日は風もなく穏やか過ぎるのが良くないらしく、ベイトも岸に寄って無いのかもしれない。

 

P1070055.jpg

 

午前中で切り上げる予定だったが、これでは初釣りとしては納得いかんでしょ。

これじゃいつもと同じじゃん。

 

そうだ!例の堰ポイントへ行ってみよう。

どうせ帰り路だし。

 

そしてその堰ポイントはなかなか良さそうな感じだったが、やはり時期もあるのかまるっきり反応なし。

残念!

しまいには連れがルアーを根掛かりさせてしまった。

大事なルアーなのでどうしても取りたい。

 

僕はウェーダーという出で立ちだったので、ディープウェーディングしてルアーの所まで行く。

この川は結構浅いのか、わりと奥の方まで行けると改めて思った。

 

そして40分くらいの格闘でルアーを回収し、「良かった良かった」と釣りを終えた。

何が「良かった」のか分からんが...。

 

結局、今年の初釣りは2人ともノーバイトで終了。

 

今年も楽しい釣りが出来ますようにと。

しっかし房総遠征釣れないぜ!

恒例行事

今年はもう釣りへは行かないと思いリールなどもメンテナンスしていたが、相棒から釣り収めをしようと言う事で釣行。

年末年始に釣りをするとしたら、房総半島や三浦半島への遠征がセオリーなのだが、今回は湾奥のホームグランドで朝方だけやることにした。

12月下旬だとはっきり言って釣れない可能性大なのだあ、まあこれは「毎年の恒例行事」と言う事だ。

釣れても釣れなくても釣り収め。

(釣りを始めた当初は、大みそかから元旦に掛けて釣りをしてたよなあ)

 

さて早朝、前日に降った雨は止んだが、南西からの風が強い。

千葉北西部ポイントは、標識まで折れるほどの強風で、これじゃまるで台風の中継みたいだ。

内陸と海縁では風速がまるっきり違うのだ。

 

IMG_2123.jpg

 

これじゃ釣りどころでは無く恐怖すら感じる。

 

さあてどうしよう...。

グーグルマップを眺め風裏ポイントを見つける。

 

map.jpg

 

どうすっぺと逡巡し、相棒が前に見つけた風裏ポイントに移動する。

僕も色々湾奥は見てきているつもりだったが、まだ知らないポイントも沢山あるのだなと思った。

 

ここは完全に風裏ポイントなのか無風で水質も良い感じだが、いかんせん潮位が低すぎて釣りにならない。

それなら近くの三番瀬ポイントに移動してみよう。

 

PC230004.jpg

 

するとどうだろう?あれれ風が止んだのか先ほどの海とは大違いで穏やかだ。

結局いつもの三番瀬ポイントでロッドを振ることにした。

 

海が荒れていたのか多少の濁りが入ってはいるが、それよりもなんなんだこの暑さは。

12月下旬の気候というより冗談抜きでTシャツ一枚でも釣りが出来るくらい気温が高い。

相棒は本当に途中からTシャツになり、僕は汗だくでランガンする羽目になる。

こりゃ暑くて耐えられん...まだ寒い方が良い!

 

と言う事で、結局ノーバイトでこのポイントも移動。

そして先ほどの風裏ポイント。

水位も上がってきて、これは釣れそうだ!

 

PC230015.jpg

 

手前はかなりシャローになっているが、その数メーター先から一気に深くなっている。

その掛け上がりをジャークなどで狙っていく。

 

フッコくらいは釣れるかなと期待したが、結局ここでもノーバイトで終わってしまった。

やはり時期も時期だし、湾奥は厳しいのである。

 

今年の釣りはこれにて終了。

お疲れさんでした。

 

今年も色々と釣りをした。

シーバスはもちろん(シーバスはいまいちだったが)、ブラックバス、クロダイ、ブラウントラウト、あとメッキとか。

一番嬉しかったのはやはり開田高原でのヤマトイワナだろう。

最後の最後に出てくれたので、あの時は本当に安堵したよ。

 

と言う事で、来年も良い釣りをしたいなと願うのである。

 

 

 

 

養老川の主

12月に入りもう今年の釣りも終わりかなと思ったが、Ar氏が釣りに行きましょうと言う事で釣行。

最初は荒川くらいで温く行こうかなと思ったが、なんならちょっと遠征して市原あたりに行こうと。

彼とは主にバスフィッシングだが、今回は久々にシーバス釣り。

PC080018.jpg

田舎の早朝は霜が降りていて寒い。

PC080009.jpg

先ずは養老川の中流域に入る。

前に養老川で釣りをした事があったなと思ったが、なんとなくイメージが違ったので、それは多分違う川なのかもしれない。

川には川霧が出ていて幻想的だが、なんと水があまり無い。

この日は長潮であまり潮は動かない日であったが、ちょうどポイントに入った時は干潮からの上げ潮だった。

あまりにも水が無かったのでちょっとやって、一気に海の方まで移動。

PC080024.jpg

河口には千葉の工業地帯が広がっている。

去年シーバスボートをやった時に、この辺りをクルージングしたのだった。

ポイント的には感じ的には悪くなく、ジャークにワンバイトくらいあるかなと思ったが、無反応に終わってしまった。

しかしこのポイントなかなか悪くないと思った。

それと西北西の風が若干強いので、ベイトタックルのAr氏にはきついだろう。

と言うことで、もう少し上流へ移動。

PC080052.jpg

満潮の養老川だが、ここも一向にアタリなし。

魚っ気がまるっきり感じられず、大きな鯉が泳いでいるだけだった。

ちょうど昼時なのでお湯を沸かして昼食にする。

PC080049.jpg

さあてどうするか?

木更津の方まで行くか、それとも江戸川あたりに戻るか...。

いや満潮下げを狙って、先ほどのポイントまで行こう。

 

もともとこの川は浅いのか、満潮時でも手前は浅い。

こんなんだったらウェーダー持ってくればよかったな。

それで橋の下など、深くなっているところを狙うがここも無反応。

もう時期も時期なので魚落ちちゃったな?

PC080070.jpg

Ar氏がロッドを振っているポイントに行き様子を見る。

全然アタリも無いとの事。

彼のタックルはどう見てもバスを釣る様なタックルだ。

そんなんでシーバス釣れんのか?と心配してしまう。

僕もこの場所でジャークなどやってみたが底を擦ってしまうくらい浅い。

水鳥もなんだか平和そうに戯れている。

 

Ar氏を見るとあまりにも釣れないのか昼寝をしてしまっている。

そもそもシーバスなんて4,5投で反応無ければ直ぐ移動と決まっている。

もうかれこれ一時間以上竿を出しているし...。

 

悶々としてる中、昼寝してると思っていたAr氏の声が聞こえた。

「ヒット!!シーバスだ!」

 

なに!?鯉か何かじゃない?

 

それでも僕はネットを持って急いで駆け寄った。

彼のバスロッドは大きく曲がり、その5メーター先には悶えている大きな魚体。

 

大きな鰭!

 

間違いなくシーバスだ。

 

まじデカイ!

 

日中にこんな間近にでかい魚体を見るのは初めてだ。

80アップ、いやもしかしたら90アップある魚体かもしれない。

僕は網の柄を伸ばしランディング体制でファイトを見守る。

「落ち着いて」

全然寄ってこない...ん?

 

良く見ると魚の暴れ方がおかしい。

スレ掛かり?

いやスレ掛かりでも普通魚は泳ぐものだけど、そこにステイしている。

 

「やばい巻かれた!」

「え?」

 

残念ながら、捨て糸か何かにルアーが巻かれていたのであった。

間違いなくランカーあったはずであろうシーバスもフックアウトしてしまった。

いやー、コレは残念!

これ獲ってれば、くそお!

 

僕も少し足が震えてしまうほどエキサイティングしてしまった。

まさかあんなのが居るとは...。

ルアーはバス用のノイジーと言うトップ系のルアーで、「超良い出方をした」との事だった。

 

それにしても、あれだけ投げ倒したポイントなのにどういうことだろう?

考えられる要素として...

 

①ただ単純に食事時になったからランカーがポイントに入ってきた。

②既にそこにランカーは居たのだが何かの原因でスイッチが入った(Ar氏は場を寝かせるために自分も昼寝をしたとの事)。

③ルアーが音がでるものなので、遠くに居たランカーが興味心身で寄って来た。

 

このポイントは流れ込みになっている個所なので、このシーバスはベイトが流れてくるのを良い場所でステイしたのかもしれない。

いずれにしても大きな魚体は、餌を追ってると体力を消耗するので、岩陰などに身を寄せ流れてくるのをじっと待ている傾向があるのだ。

 

しかし、バラシたランカーは海から川に上がってきてこうやって餌を獲り、長い日々を生きてきたのだろう。

今回はルアーに喰いついてしまったが、それでもフックを外しこれからも行き続けるのである。

長く生きる魚はそう言った困難を乗り越えたまさにこの川の主なのである。

その魚を実際に見、そして感触を味わえただけでも感謝しなくちゃいけないのかもしれない。

と思いたいが、やはり釣りたかったよなあ...。

PC080078.jpg

最後はまた海の方へ行き無事ほげって終了(僕は結局ノーバイト)。

このポイントはウェーダー必須の干潟ポイントだと言う事が分かった。

この釣りで気付かされた事が幾つかあった。

 

一つはそのポイントがもつポテンシャルの大きさ。

二つ目は音がでるルアーに関してで、今回ヒットルアーは音が出るタイプであったが、グースやハチマルなどラトルの音で、ある程度集魚効果があるのだと言う事が再確認できた。

そして3つ目は、結局魚の習性はわからないものだなあと言う事。

 

だから釣りは止められないのだけどね。

師走の荒川

12月に入ってしまったが、この日は暖かかった。

よし、ちょっと出てみるかと荒川へ。

 

秋のシーズンも何もなかったシーバッシングだが、まだまだ行けるかも。

まだ上げ潮が効いていて、上流に向かって流れが効いてる。

最初は橋の明暗周りをチェック。

 

沖ではシーバス船がウロウロしていて、橋脚周りを攻略している。

船は橋桁周りを何度かウロウロしたあと、上流の橋へと遡上して行った。

沖の橋脚周りでも釣れて無さそうなので、陸っぱりからはなおさら釣れなさそう。

 

当然こちらも反応無く、少し下流へ移動。

日曜日なのでアングラーも2,3人ロッドを振っていた。

 

PC040037.jpg

 

満潮間近なので、水位はかなり高い。

前回釣れた箇所に立ち、期待を持って岸際を引くとヒット!

 

PC040002.jpg

 

うむむ、セイゴくんのスレ掛かり。

この場所でこのサイズが出たと言う事は、やはりダメなのか。

いや、セイゴが居るのならシーバスが回遊してるはず。

 

少し場所をずらし同じように攻めるが反応なし。

潮が動いて無く流れも乏しい。

 

何気に沖の方へキャストし流れをチェックすると、投げたルアーは流されずに真っ直ぐ帰ってくる...。

 

と、ズズン!とシーバスのアタリ!

 

お!居たのか。

結構でかそうだけど、ん?もしかしてマルタか何か?

 

ドサドサ!

 

えげつないエラ洗い、シーバスだ!

きつめに締めたドラグがギュイ―ンと唸る。

手前のブレイクでラインを擦られないように、更にドラグを締めパワーファイトで寄せてネットイン。

 

PC040005.jpg

 

ランカーは無さそうだが太いシーバスだ。

Bootsのシングルフックやったね。

 

PC040014.jpg

 

測ると75センチ。

非常に綺麗なシーバスで回遊してる魚だろう。

いやあ嬉しいな、しっかりノットも組んでおいて良かった。

 

しかし前回、満潮時は岸際にシーバスはステイしていると書いたが、もちろん沖にも魚は回遊している。

結局何も分からないんだよね。

だから釣りは面白いんだけど。

 

その後、抜きあげ時にバイトがあったが乗らず、それ以降反応無く雨が降ってきたので終了。

上げから下げに変わると流れも変化するので、潮の干満差って面白なと思った。

 

 

歩きまわってると汗を掻くほど暖かい夜だった。

ペンシルのアップクロス

下げ潮を狙って荒川に釣行。

随分と寒くなってきたが、まだまだこの日は寒さは耐えられる感じだ。

荒川のメジャーポイントには必ずアングラーが2,3人居る。

そこから少し下流でロッドを振る。

大潮の荒川はさすがに流れが凄い。

ルアーを上流に投げてもあっという間に下流に流されていく。

そうやってクロスで探っていてもやはり反応は無い。

この釣りを10数年やってるけど、道具とか釣り方なんかは進化してくけど、それが結果に結びつくかどうかはまた別問題。

釣れないときは釣れないのである。

うーむ、もうこの時期だと厳しいのかな。

まだ水位は高いので一応エッジ狙いと言う事で、川の際の狙ってみる。

ミノーだと際と突いてしまうのでペンシルでやる。

これは前にやったやり方で、ショートジャークで探ってみる。

アップクロスは流れが早いので、これは渓流でのアップクロスの釣り方みたいだ。

そうやってアップクロスのジャークで狙っているとグンと重くなった。

お!フッコクラスかと思いきや、ここに来てやっとジャストスズキサイズ。

IMG_2077.jpg

有る程度水位が高い場合はやは岸際に着いているのかもしれない。

よしこれからだと思ったがこの一尾だけで反応なく終了。

しかも苔に足を滑らせ思いっきり転倒してしまい、服を汚してしまった。

まあ釣れたから良いんだけど。